プロセス梅と鶯2.jpg

リメンバリングコーチングで使用する手法

リメンバリングコーチングでは、ゴールを目指すことだけを目的としません。
その旅路のプロセスを大事にします。数ある手法の中から、その場その場で、確認しながらお届します。

 

ファンタジートリップ

項目サブタイトル

言葉になる前のイメージや感覚、感情、動き、夢、身体の調整などを入り口として、あなたの幻想的な内面世界を共に冒険します。
コーチは誘導するのではなく、言葉にならないものたちがどのように展開していきたがっているのかを尋ね、意味ある象徴(メタファー)や物語を共に発見していきます。
内側から教わり見つけた象徴や物語は、自分を勇気づけ、行動を起こし、また継続性をより確かなものとします。言葉だけのコーチングに比べると、短期間で大きなシフトが起こります。思いがけない自分を発見するパワフルな手法です
【使用する手法】プロセスワーク、クリーンランゲージ、フォーカシング、ソリューションフォーカストアプローチ、ホログラフィートーク、他各種イメージ療法、瞑想

ナラティブアプローチ

​~私という物語を想い出す~

私という存在には、聞かれることがなければ、語られることのなかったであろう物語が存在し、私さえしらない私が隠れています。
何か、問題がある時、わたし=問題なのではありません。わたしは、問題に影響を受けているに過ぎず、問題に影響を与えることが出来る存在です。
問題には個性があります。どんな時にどんな言動をするのか?何が好きで、何が嫌いなのか?問題をよく観察し、その個性を、生き生きと描くことで、不思議と付き合うことが出来るようになります。実際、既にき、物語を描くことができるき、生きることができます。
あなたの中に隠れてしまった物語を共に見つけていきます
【使用する手法】ナラティブ、ヒーローズ・ジャーニー、ヒロインズ・ジャーニー